ミニ・ロングキャバドレスを激安通販【Angelo アンジェロ】

15時までのご注文で当日発送致します

  • 聖なる夜の小悪魔サンタ
  • 姫ドレス
  • 和柄着物ドレス
  • L・XLドレス 大きいサイズ

新商品入荷

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
キャバドレス TOP◇ルドゥーブル の効果について検証◇












コンテンツテーマ:ルドゥーブルについて効果を検証してみた

【二重アイテムをお探しの方必見】ルドゥーブルについて効果を検証してみた

重い一重まぶたをぱっちり二重にするのに必要不可欠なもの、それがアイプチです。アイプチの魅力はなんといっても、一重まぶたや奥二重まぶたでも簡単に二重まぶたをつくれるということです。
ただ、これまで色々な二重アイテムを試してきたのですが、一口にアイプチといっても種類がたくさんありますし、商品よって使い勝手や効果なども違うので、「なかなか自分に合った二重アイテムが見つからない・・・・・・」というのが本音でした。

そんな時に出会ったのが、TVでも紹介されている二重美容液「ルドゥーブル」でした!
雑誌などでも紹介されて話題を集めている二重アイテムだったので前から気になっていたのですが、実際に使ったことはありませんでした。

そこで今回は、そんな人気沸騰中の「ルドゥーブル」を実際に使ってその効果を検証してみました!!
いくつもの二重まぶたアイテムを試してきた経験をもとに、「ルドゥーブル」の商品紹介と実際に使ってみて感じたことなどをレポしたいと思います。

どの二重アイテムを選んだらいいか迷っているアイプチ初心者の方はもちろん、自分に合ったアイテムがなかなか見つからないとお悩みの方の参考なれば幸いです。


TVで噂の二重美容液「ルドゥーブル」って何?

二重アイテムのヘビーユーザーの間ではすでに知らない人はいないとも言われている二重美容液「ルドゥーブル」は、従来の接着タイプのアイプチではなく、「非接着タイプ」のアイプチです。

接着タイプは、アイプチ専用ののりを使ってまぶた同士をくっつけ二重まぶたをつくる方法です。
それに対し、非接着タイプのルドゥーブルは、のりではなく、専用の二重美容液でまぶたに薄い膜をつくり、その部分の皮膚が収縮することによって折り込まれ、二重まぶたつくることができる方法です。

ルドゥーブルで二重まぶたをつくるときは、うるおい成分にコラーゲンを配合された専用液を使います。のりを使わないのでまぶたにやさしく、自然な二重まぶたを一日中キープできるウォータープルーフタイプであることも大きな特徴です。
ルドゥーブルがしっかり乾燥してから目をゆっくり開けると、塗った部分がギュッと折り込まれて、外国人のようなぱっちりきれいな二重まぶたを形成できます。

ルドゥーブルは、2ml・4ml・8mlの3つの容量から選ぶことができます。
目元をくっきり自然な二重まぶたをつくれるルドゥーブルを、まず一度使ってみたい方には2mlのお試し用がおすすめですし、4mlはリピーターさんに、コストパフォーマンスに優れたお徳用の8mlはヘビーユーザーさんにとくに人気があります。


実際にルドゥーブルを使ってみた!

ここまでは「ルドゥーブル」の商品詳細を簡単に見てきましたが、自分に合った二重アイテムを探している人が一番気になること、それは「はたして本当に効果があるのだろうか?」ということだと思います。

従来の商品のように、二重アイテムは実際に使ってみないと使用感や仕上がりの具合がわかりません。そこで今回は、そんなルドゥーブルを実際に使ってその効果を試してみることにしました!

ルドゥーブルの効果を検証する「まぶた」は、
・左右のまぶたがアンバランス
・片目は奥二重
・もう片方は一重
・まぶたの厚さは標準くらい
といったまぶたです。

・ルドゥーブルの使い方

さっそくルドゥーブルを使ってみます。
ルドゥーブルといっしょに入っている説明書に書いてある内容を参考に何度か練習するうちに、きれいに塗る方法やコツが掴めてきたので紹介します。

STEP1:まぶたについている油分を拭き取る
ルドゥーブルを塗るまえに、まずはまぶたについている油分や汗、水分などを、コットンなどを使って拭き取ります。

STEP2:二重にしたいラインまでルドゥーブルを塗る
まぶたについている水分などを拭き取ったら、早速ルドゥーブルを塗っていきます。顎を前に出した状態で目線だけを下にして鏡をみて、はじめは細めのラインから引いてみました。

まぶたを平らな状態にしながら、まつ毛の生え際から二重にしたいラインまでルドゥーブルの液を塗ります。このときにポイントは、ルドゥーブルを平行に塗るのではなく、山型になるように塗るということです。

目頭と目尻にかけてはルドゥーブルを立てて細めのライン(幅1~2㎜)で液をおくように塗って、まぶたの中央あたりが一番太いラインになるように調節しながら塗ります。二重にしたいラインの線が引けたら、あとは均等になるように液をおくようにして塗りつぶします。

目尻まで二重線がついている一重まぶたなので、目頭から目尻までしっかり液を塗りました。何度か試してみて、目を開いたときに不自然な線になってしまう場合は、目尻まで目頭から中央あたりまでにするのも良いかもしれません。
使っているうちに強度が弱いと感じたときは、液が完全に乾ききる前に2度塗りするのがおすすめです。

STEP3:ドライヤーの冷風で乾かす
ルドゥーブルを塗ったら、ドライヤーの冷風を当てて乾かします。ドライヤーがなくても目線を下にしたままにして液が透明になるまで待ちます。
液を乾かすときはまつげの生え際を前に出すような感じでまぶたを指で抑えながら乾かすと、乾いたときのまぶたのシワや液のムラを防ぐことができます。

STEP4:綿棒を使ってツヤやテカリをおさえる
ルドゥーブルの液が完全に乾いたら、綿棒やコットンを使って塗った部分をやさしくなぞってツヤやテカリをおさえます。
ほかの非接着タイプの二重アイテムと比べても、ルドゥーブルのテカリは自然に見えますが、2度塗りしてテカリが気になったときは綿棒を使ってツヤやテカリをおさえた方がよりきれいに仕上がります。

STEP5:目を大きく開ける
ツヤやテカリをおさえたら、最後に顎を引いた状態でゆっくりと目を大きく開けます。目を開けるときはまだスティックを使わず、目を開けて調節が必要なときはスティックを使って調整します。

以上で、ぱっちり二重まぶたの完成です!!

・ルドゥーブルの落とし方
ルドゥーブルは朝につくった二重まぶたが夜まで続くキープ力の高さに定評がある二重アイテムですが、化粧品ですので就寝前に必ずきれいに洗い流す必要があります。

ルドゥーブルを落とすときは、まぶたを傷つけないようにやわかいコットンにぬるま湯をしみ込ませ、それをまぶたに置いて乾いた部分をふやかしてから拭き取ります。普段使っているクレンジングや洗顔を使うときも、ゴシゴシせずに、優しく洗い流すような感覚でふき取ります。

指や爪などで無理にルドゥーブルをはがそうとすると、まぶたに傷をつけてしまう恐れがありますし、それが原因でまぶたのシミやたるみ、赤みの原因になることもあるので注意してください。


ルドゥーブルの効果を検証【まとめ】
今回紹介した方法で何度も繰り返しルドゥーブルを使ってきましたが、ここでは一番気になっているその「効果」についてじっくり検証していきたいと思います!!

【検証1】ルドゥーブルの塗りやすさは?
二重アイテムをはじめて使う人にとって一番気になるものといえば、「塗りやすさ」ではないでしょうか。そこでまずは、ルドゥーブルを実際に使いながら感じた「塗りやすさ」について検証していきます。

ルドゥーブルの筆先の太さはとても細めなので、初心者の方でも簡単に塗れます。目頭から中央くらいまで塗ったり、目頭は塗らずに中央から目じりまで塗ったりと、使い方に慣れてくると徐々に自分に合った塗り幅がわかってくるので、そういった微調整をするときにも細い筆先はとても便利です。

筆先の液含みは少ないほうなので液がドバっと出てくる心配がなく、乾きも若干ゆっくり目なので、まぶたに液をおくようにしっかり塗ることでヨレが少なく済むはずです。

【検証2】ルドゥーブルに馴染むアイシャドウは?
ルドゥーブルの説明書には、「アイメイク後にご使用ください」と書いてあります。
今回は、アイメイクをした後にルドゥーブルを塗る方法を紹介していますが、それとは別にアイメイクをせずにルドゥーブルを使ってみました。

アイメイクをしていないまぶたにルドゥーブルを塗ったときが、一番自然な二重まぶたをつくることができました。ルドゥーブルをした後にアイシャドウを塗ると、かえって不自然になってしまうので、メイクをするときはアイメイクをした後にルドゥーブルを塗ったほうが良いでしょう。

ルドゥーブルが完全に乾いたあとに綿棒を使ってツヤやテカリをおさえていますが、さらにツヤをおさえるためのポイントがあります。それは、パールやラメのアイシャドウをルドゥーブルに組み合わせるということです。
比較するためにマットのアイシャドウも使ってみたのですが、マットの場合はルドゥーブルを塗った部分が少し濃い目になってやや目立っていました。パールやラメのアイシャドウの場合は、ルドゥーブルを塗った部分が馴染みやすいのでルドゥーブルで引いたラインが見えにくく、最も相性がいいと感じました。

【検証3】ルドゥーブルのシワやムラは?
ルドゥーブルを使い始めた当初は、目を開いたときに元のまぶたの線が消えていなかったり、まぶたにシワやムラが残ってしまったりすることがよくありました。
ルドゥーブルに限らず、二重アイテムは商品によって乾き具合が大きく異なるので、まぶたにルドゥーブルを塗った後の液を乾燥させる時間を色々と工夫してみました。

そこで分かったのが、まぶたに塗ったルドゥーブルの液が完全に乾ききっていないまま目を開けてしまうとシワやムラになりやすいということです。ルドゥーブルは完全に乾くまでやや時間がかかるので、シワやムラを抑えるには液をしっかり乾かすということが大切です。

また、目に汗や油分が残っている状態でルドゥーブルを塗ってしまうと、液を均等に塗ることができないためムラになってしまいがちです。二重のラインが1度塗りではうまく形成されないこともあるので、そういったときはまぶたの水分などをしっかり抜き取った上で乾ききる前に2度塗りをしてしっかり乾かしてください。

【検証4】ルドゥーブルのキープ力は?
自然な二重をつくれるルドゥーブルは、スーパーハードタイプという言葉通りキープ力にも大変優れています。
接着力も優れているルドゥーブルは、一重まぶたの方もぱっちり二重まぶたに!奥二重まぶたの方もくっきり二重まぶたに!二重まぶたの方も幅広二重まぶたに!左右のまぶたがアンバランスな方もバランスの良い二重まぶたに!たるんだまぶたの方もすっきり二重まぶたに!できるので、性別・年齢問わず目元を自由自在に好みの形に変身させることができます。

キープ力も接着力も高いルドゥーブルですが、使いはじめた時は一重まぶた側に塗ったときに「若干強度が弱い?」と感じましたが、そういった時は2度塗りすることで接着力が増してキープ力を高めることができました。

まぶた同士をくっつけて二重まぶたをつくる接着タイプに比べると、非接着タイプの接着力はどうしても劣ります。ただ、非接着タイプの商品の中でもルドゥーブルのキープ力や接着力は非常に高いので、使い慣れてきたら、朝つくった二重まぶたを夜まで長くキープできるようになりました。

【検証5】ルドゥーブルのコストパフォーマンスは?
ルドゥーブルは他の二重アイテムに比べて筆先が細いので、余計に液をのせてしまうこともないですし、慣れてくればほとんど失敗をすることもなくなります。
そういった面からいえば、ルドゥーブルのコストパフォーマンスは非常に高いといえます。

ただ、お試し向けのルドゥーブルの2mlは、毎日使う方や両まぶたに使う方にとっては少し物足りなく感じるかもしれません。使っているうちに慣れてきて毎日使うようになったら、200%増量の4ml、あるいはお徳用の8mlのルドゥーブルの方がコスパの良さを感じられるはずです。


________________________________________
今話題の二重美容液「ルドゥーブル」を実際に使い、その効果を検証してきましたがいかがでしたでしょうか。
ドゥーブルを実際に使ってみて、非接着タイプなのに接着力やキープ力の高さを実感しましたし、何よりはじめてでも使いやすく自然な二重を手軽につくれることに大きな魅力を感じました。

ルドゥーブルなら、一重まぶたの方や奥二重まぶたの方、二重まぶたを幅広二重まぶたにしたい方など、どなたでも簡単にお好みのきれいな二重をつくることができます。
TVや雑誌で噂になっているルドゥーブルの正規品をお探しなら、メーカー公式認定ショップである【Angelo アンジェロ】の通販サイトをのぞいてみてください!!